八ヶ岳仙人小屋2012/06/10

飛鳥の訓練を見に行けるのは半月くらい経ってからなんで、なんか暇だし静かで寂しい。
か~ちゃんが、この前TVで見た山菜料理の店に行こうっていうんでドライブがてらちょっと遠出してみた。

07:30過ぎに家を出て一路八ヶ岳へ。
思いの外道路も空いてて早く着き過ぎちゃいそうだったんで、双葉SAでHALを遊ばせてちょっと時間をつぶす。
それでも11:00開店なのに10:30前には目指す「仙人小屋」に到着した。
八ヶ岳高原ライン沿いにぽつんとある「仙人小屋」。
壁にぶら下がってるのはなんかの獣の毛皮。
写真右手に柵があって、中にはかなり大きな猪がいた。


開店30分も前なのにもう並んでる人がいて、我が家が二番目だった。
その後も続々とお客が到着して、開店前にはもう10組くらいの列が出来てた。
山菜のシーズンでも無い6月でこれだから、春の山菜、秋のきのこのシーズンは混むんだろうナ。

11:00過ぎに順番に店に入り、好きな席に着く。
店内は小上がりもあって、全部で40席くらいかな。
メニューは山菜と川魚と山の獣の肉。
結構良いお値段。


か~ちゃんは「春の山菜定食」、と~ちゃんは何を食べて良いのか分からないので、オススメって書いてあった「夢わらび定食」を注文。

料理作る人が一人しかいないから、入店順に注文を取って、注文順に一組ずつ料理を作り、一組分全部終わったら次の組の料理を作り始めるってやり方みたい。
最初に入った組のテーブルの料理が全部出て随分経ってから、やっとと~ちゃん達の料理が出てきた。
二番目入店のと~ちゃん達の料理が出たのが11:40くらいだったから、10番目とかだったら14:00くらいになっちゃう計算だよね。
早く来て良かった。
春の山菜定食。12種類の山菜が並んでるんだけど、何だか分かったのは3種類だけ。

ご飯の上の四角い白い器から生えてる?のが「夢わらび」なる物。(初めて見た)
なんと器の中に剣山があり、それに生け花のように刺してある。


食べ物が美味しいとか不味いってのは、今まで自分が食べた類似の物との比較だから、何を食べてるのか分からないと比較のしようが無いってのが正直なところ。
山菜ってあんまり味がしないんだなぁ、ってのが今日の感想だった。

となりの人が食べてた「焼き筍定食」は、皮付きの筍を一本丸ごと焼いて、それを食べる人が包丁で切って食べる豪快な料理で、あっちにすりゃ良かったなってちょっと後悔した。

今日のは今一だったけど、ドライブがてら食べに来るのに丁度良い距離だから、秋になったらきのこを食べに来ようねってことになった。

ずっと車ん中で待ってたHALのために、帰りに犬OKな「八ヶ岳倶楽部」でお茶をした。
近所の別荘族のおじ様おば様が屯する、なんか上品でちょっと素敵な感じのところ。
天蓋付きのテラス席は風が涼しくて気持ちよかった。



ケーキとアイスクリームのご相伴に預り、ちょっと満足なHALちん


お腹が一杯になったら眠くなって、帰りは途中のSAで仮眠したし談合坂からずっと渋滞だったけど、それでも3時間ちょっとで帰宅。
なかなか良い休日だったなぁ。

コメント

_ ふぶきママ ― 2012/06/18 16:57

ちょっと、ちょっと、生け花みたいなわらびが笑える!
これ単品で1800円って、すごい希少なのかな?

飛鳥ちゃん、出張中なのね。
では、鬼の居ぬ間に、どこかご一緒させてください(笑)

うちの2頭も普段は仲良しって感じじゃないけど、
よそ者に対しては一致団結するよ。
お向かいさんのラブ2頭もそんな感じ。
私ら夫婦もそんな感じ(爆)

_ HALパパ ― 2012/06/19 10:33

★ふぶきママ いらっしゃ~い♪

高いよねぇ~、わらび。
ネットで調べても「夢わらび」ってのは出てないから、もしかしたら、地元では立派に成長したわらびを夢わらびって言うのかも。(この店だけかも?)

確かに珍しかったけど、焼き筍定食の方が豪快でと~ちゃん好みだったナ。

飛鳥、先週末初めて見に行ったら、喜んで飛びつくは、知らない犬にワンワン吼えるはで、全然お利口になってなかった。(汗)
しかも、吠え過ぎて声が嗄れてて、おまけに顔に何箇所か湿疹が出来てた。
か~ちゃんは複雑な心境みたい。
まっ、そんなすぐには訓練入らないか。

やっぱり4ヶ月もいれば、HALだって家族だって分かってるよネ。
今回も飛鳥に会ったら、一応ウチに居た子だって認識してたみたい。
飛鳥がしつこく絡んで、終いにHALが切れるっていういつものパターンだった(笑)
訓練から帰って来ても、この関係は変らなそう。

飛鳥の面会の合間を縫って、どっか週末でご一緒しましょう。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://halsblog.asablo.jp/blog/2012/06/10/6475089/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。