ご馳走カレー2011/10/09

2~3週間前に、ちょっと涼しくなって来たから久しぶりにカレー作ったら、我が家にしては量が少なかったみたいで、二日目の夜になったら遅く帰ってきたぼ~スケ@長男の分が無くって、「二日目のカレーが美味しいから楽しみ帰ってきたのに、僕の分が無かった」と文句たれられた。


今週は珍しく暦どおり三連休で時間があったんで、前もって煮込み用のお肉を注文して再度カレー作りにトライ。
前回は、子供達も大きくなったからあんまり食べないだろうって油断して足りなくなっちゃったから、今回は昔の量に戻してガッチリ作った。

右上のブロック肉は別の日にステーキにするから使わないけど、スネ肉1.5kg、玉ネギ6個、にんじん6本、ホールマッシュルーム2缶。
ルーは味を見ながら適当に入れてくけど、大体3~4パック。
って、カレー屋さんですか?


昔はスネ肉なんて100g80円くらいでいくらでも手に入ったんだけど、最近はスーパーとかじゃまず売って無いし、たまに煮込み用とかって売ってても、得体の知れない肉に払うには馬鹿らしいくらい高い。
今回はスネ肉かホホ肉って思ってネットで探したら、甲州ワインビーフってのが美味しそうだったんで注文してみた。
例によって、送料をケチって無料になるまで余計な物まで注文して、えらい高い買い物になっちゃた。

今回の秘密兵器その1、小林牧場のワインビーフスネ肉。
スネ肉は前足のスネの方が柔らかいけど、後足もゼラチン質が多くてしっかり煮込めば美味しい。
両方混ぜて送って来たけど、能書きどおり本当に美味しそうなスネ肉ダ。


秘密兵器その2、か~ちゃん推奨コスモカレー。
普通のルーよりこっちの方が断然美味しいんだってサ。


野菜炒めて、お肉は塩コショウしてから小麦粉まぶして表面だけ焼いて、いざ圧力鍋に。
フィスラーの26cm、デカ過ぎて最近あまり出番が無いけど、煮込み物を大量に作るなら、我が家ではこれに勝る道具は無い。

具の量に合わせて適当にお湯を入れて最初は中火で加熱。


と~ちゃん圧力調整のピンが上がって来るのを見てるのが好き。
なんか『科学の勝利』って感じじゃない?!
圧力かけると火の通りが早くなるなんて、一体誰が考えたんだろうネ。
アンタは偉いっ!!


今回はスネ肉を使ったんで、ピンが上がってから20分煮込んだら丁度良い感じになった。
びっくりしたことに、この肉殆どアクが出ない優れもの。


結局コスモカレー×2、ジャワカレー×1のルーを混ぜて、さらにグツグツ煮込んで完成~。


コスモカレーは美味しいんだけど、と~ちゃんの好みからするとちょっと辛さが足りない感じ。
か~ちゃんに言わせると「玉ネギ入れすぎなんだヨ。だから甘くなっちゃう。」と言うことらしい。


パッケージの能書きどおりだとすると、全部で24皿分。
果たして何日もつだろうネ。