術後2011/02/05

一週間後に傷痕をチェックしましょう、と言うことだったので、病院に行った。

HALはアレルギー体質なので、手術時の血液検査で好酸球の値が14%、756mcLとかなり高く、もしかして傷口の付きが悪いかも知れないってことだったんだけど、特に化膿することもなく綺麗についてますと言われて一安心。

HALは動物性たんぱく質に反応してしまうアレルギーで、食事も処方食しか食べさせてないから、何に反応して数値が上がってるのかイマイチ分からないんだけど、一番怪しそうなグリニーズをやめてみることにした。

普通のグリニーズは殆どが植物性たんぱく質で、チキンフレーバー(香り付け?)だけしているのに、HALが食べてるシニアはグルコサミンとコンドロイチン配合で、鳥の軟骨由来のものが入っているらしい。

ごく微量みたいだし食べさせても体調は良好だったんで気にしてなかったんだけど、数値を改善するために怪しいものを順番に止めてみて様子を見ようと思う。


病理検査の結果は、アゴの下側の方が「線維付属器過誤腫」、脇腹の方が「脂肪腫」と共に良性だった。
最初の診察どおり結果だったけど、これで一安心。

今回の縫合は融ける糸を使ったんで抜糸は必要なく、あと一週間くらいで自然に吸収されちゃう。
エリザベスカラーはもう外して良いけど、念のためにシャツはもう一週間着せといて下さいとのことだった。

もうこれで何にも心配いらないネ。良かった。