ハンガーパイプ2010/05/03

久々の日曜大工ネタ。

と~ちゃん達の部屋は、壁面がほとんど全部折り戸になってて、そん中にタンスが鎮座してる。(笑)
前からか~ちゃんが、折り戸にハンガー掛けられるようなパイプをつけて欲しいって言ってたんで、この休みでやっつけちゃおうって取り掛かった。

ふつうのプラスチックのタオル掛けみたいのじゃ強度が足りないし、やっぱり金属製のかなぁ~。
日曜大工センターは無くなっちゃったんで、どこで材料買おうかなぁって考えて、とりあえず近所に新しくできた「ビーバトザン」って言うDIYのお店に行ってみた。

高架下だしど~せたいしたもん揃って無いんだろうなって思ったら、細長いけど2棟に分かれてて結構な売り場面積だし、ガーデニング用品を除けば日曜大工センターと良い勝負の品揃えだった。

折り戸の板は木の枠に付き板が貼ってあるちゃっちいヤツなんで、金属パイプにするにしても、ステーを留めるためには付属の木ネジなんかじゃなくって、板を挟んでしっかり留めるたにボルトとナットが必要だった。

でも板の厚みを計って来なかった、ダメじゃん。(>_<)

目測でM4X25mmのボルトにして、とりあえずステー13セット、パイプ13本ネジ60本買って帰ったけど、家に帰って板の厚みを計ったら、なんと33mmくらいあった。

アッチャ~
結局もう一回行ってM4×40mmのボルトに取り替えてもらうハメに。

折り戸を外してパイプを付けてく。

穴を開ける位置を計ってたら大きな勘違いを発見。
と~ちゃん表側から穴を開けて、ネジで締めてきゃ良いんだと軽く考えてたら、裏側からナットを締めるためには折り戸を外さなきゃなんないって事に気がついた。

最初っから気が付けよ、見りゃ分かんだろって話なんだけどネ。

折り戸は、枠側が上下のレールに嵌った金具に固定され、合わせ側がそのレールん中をスライドする仕組みになってるんだけど、どうやって外すのかが分からない。(汗)

だって今まで一度も外したことないんだもん。
スライドする方は、バネで引っ込むようになってたからすぐに外せたんだけど、枠側が外れない。
最初はわずかな隙間にスパナを突っ込んで、固定されたネジを緩めて外したけど、ホントにこんな苦労して外すもんなんだろうか?って疑問に思ってあれこれやってみたら、こっちもバネ仕掛けになってて、上手くやると金具の頭を押しただけで外せることを発見。
いゃ~またひとつ勉強になりました。

一回やり方が分かっちゃえば、後はスイスイ。
って訳にはいかなくて、穴を空け間違えたりいろいろミスったりした。


穴の間隔を間違えてもう一度パイプを買いに行ったり、ボルトとセットのワッシャーだと面積が小さすぎて締め付け圧が上手く取れなかったり、知恵の足りなさが次々露呈してすごく時間が掛かった。
まっ素人だからしょうが無いんだけどサ。

なんとか完成ぃ~、ここで8本。この写真を撮った後ろ側の壁に5本。

やっと完成したらもう夜になってた。

それにしても日曜大工ってRPGゲームに似てる。
お金を貯めて道具や部品を揃えて、地図(設計図)を手に入れて一つ一つステージをクリアしてく。
上手くいく時もあれば、ボロボロになってやっとクリア~なんてこともあるし、共通点が沢山あるなぁ。

大きく違うのは、リアルな日曜大工はなかなかレベルアップしてくれないとこかな。

面倒くさいけど、でもたまにやると結構面白い@日曜大工。

コメント

_ BHW ― 2017/04/12 18:51

We are a group of volunteers and opening a new scheme in our community.
Your website provided us with valuable info to work on. You have
done an impressive job and our entire community will be thankful to you.

_ manicure ― 2017/05/04 12:33

I visited multiple web sites except the audio feature
for audio songs existing at this web page is in fact wonderful.

_ c diff and foot pain ― 2017/07/04 04:10

Hi there, You&#39;ve done a great job. I&#39;ll certainly digg it
and for my part suggest to my friends. I&#39;m confident they will be benefited from
this site.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://halsblog.asablo.jp/blog/2010/05/03/5058903/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。